BYODではセキュリティ対策が必須

働き方が劇的に変化するなかで、
社員への貸与スマホをやめて、
社員の私用スマホを業務で使う、
いわゆる”BYOD”を
検討されている企業様が増えております。
(Bring Your Own Device: 私物端末の業務利用)

要因としましては、
・貸与スマホの削減よる固定費カット
・業務利用を黙認していた私用スマホ
の正式BYOD化
などが主な目的となっております。

ただし、BYODはしっかりとした
セキュリティ対策が必要です。

なぜならば、スマホでは、
社員や取引先の個人情報を取り扱うからです。
スマホの電話帳は、

スマホ自体でデータを保持するので、
紛失時に情報漏洩のリスクがあります。

そこで
情報はクラウド管理でセキュリティを担保!

つたえルー子のWEB電話帳機能は、
すべての情報をクラウドで管理します。

極論を申し上げれば
スマホをなくしたとしても
アプリ起動のパスコードや指紋認証が
破られない限り、
情報を見られることはありません。

このように、情報はスマホで保持せず、
クラウドで管理することで
BYODでも安心して業務利用
いただくことが可能です。